Menu

働きやすい職場環境

介護職は現代の日本社会では最も需要の高い仕事である反面、様々な問題も抱えています。
まず、介護業界が提供するサービス自体が、介護を必要としている高齢者の数に追い付いていないという現状があります。
特に特別養護老人ホームでは、何十人もの入所待機者が出ている施設もあります。
特別養護老人ホームの場合、このタイプの施設のメリットが、かえってデメリットを引き起こしているとも言えます。
なぜかというと、特別養護老人ホームの利用価格はかなり低価格で、入所のための一時金も不要となっています。
さらに24時間体制で手厚い介護を受けることができ、寝たきりの高齢者や介護度の重い高齢者にとって必要な施設なのです。
しかし、この価格設定と内容の充実度のため入所希望者が殺到しており、なかなか簡単には入所することができないという現状に至っているのです。

さらに、介護業界は給料の安さが原因で、現場の人材確保が上手くいっていないという点も問題の一つです。
介護職は人命を預かる責任ある仕事で、身体介護などの仕事をする場合には専門的な知識や技術が必要になってきます。
現場の仕事内容も過酷なものが多く、決して楽な仕事とは言えません。
それにもかかわらず給料が安ければ、退職する人も増えていきます。
そして現場の人手不足は在職スタッフの負担を増やし、人間関係のトラブルが起きやすい職場にもなってしまいます。
このような状況を回避するため、多くの施設の現場責任者は、現場スタッフへの配慮を怠らず、働きやすい職場環境作りに力を入れています。